【50%OFF】 Kindle本 GWキャンペーン 詳しくはこちら

Anker PowerCore Magnetic 5000 が最強モバイルバッテリーである理由

iPhone 12シリーズから採用になった「MagSafe」充電。

ワイヤレス充電の「途中でずれて充電できていない」という不満を解消する画期的なシステムですが、これに対応したモバイルバッテリーが、ついにAnkerから発売されました!

開発発表以来、発売を今か今かと楽しみにしていましたので、発売日に速攻ゲットして自腹レビューしました

自腹なのでもちろん正直に書かせてもらいますよ!

どうぞご覧ください!

Youtubeに動画レビューもアップしてありますので、そちらもよろしければご覧ください!

目次

Anker PowerCore Magnetic 5000の概要

PowerCore Magnetic 5000とは何か?

ワイヤレス充電で「位置がずれる」という問題を解消した、Appleの充電システム「MagSafe」に対応したAnkerから発売されているモバイルバッテリーです。ワイヤレス充電対応なので、機器の充電にケーブルがいりません。

PowerCore Magnetic 5000の特徴

PowerCore Magnetic 5000の主な特徴

  • マグネット式ワイヤレス充電対応
  • iPhone 12シリーズの充電に最適化されている
  • 充電中も握りやすいコンパクトなサイズ設計
  • 異物検知や温度管理の徹底など高い安全性
  • 抜群の安定感
  • ケースはそのままで充電できる

PowerCore Magnetic 5000のスペック比較

同じ5000mAhバッテリー搭載の機種と比較してみました。比較対象は、ハイブリッドモバイルバッテリーのPowerCore III Fusion 5000と軽量モバイルバッテリーのPowerCoreIII 5000です。

項目PowerCore Magnetic 5000PowerCore III Fusion 5000Anker PowerCore III 5000 
バッテリー容量5,000mAh4,850mAh5,000mAh
出力ポートUSB-C:5V=2A (最大10W)USB-A:12W(5V/2.4A)
USB-C:最大18W(5V/3A, 9V/2A)
USB-Cポート:5V=2.4A
USB-Aポート:5V=2.4A

合計最大出力:5V=2.4A
入力ポート5V=2.2A (最大11W)100-240V/0.6A(50-60Hz)5V=2A
USB PD対応
Quick Charge
PowerIQ○(バージョン3.0 Gen2)○(バージョン3.0)○(バージョン3.0 Gen2)
ワイヤレス充電
フル充電までかかる時間約4時間(Anker計測値)約2時間40分(Anker計測値)約2時間40分(Anker計測値)
低電流モード
カラーバリエーションブラックホワイトブラック
付属品USB-C & USB-C ケーブル、取扱説明書トラベルポーチ、取扱説明書USB-A & USB-Cケーブル (約0.6 m), トラベルポーチ、取扱説明書
サイズ約93 x 63 x 16 mm約78 x 71.5 x 30 mm約103 × 63 × 14 mm
重量約133 g約176g約113g
公式価格
(2021年4月16日現在・税込み)
3,990円3,590円2,980円

Anker PowerCore Magnetic 5000の外観と付属品

外観

角丸の優しい手持ちに優しいデザインです。他のAnker製品のデザインと統一感があります。

サイズは名刺(91 x 55mm)より少し大きいくらい(93 x 63mm)のサイズですね。

裏面には、ワイヤレス充電用のマークが描かれています。MagSafe対応機器の場合(iPhone 12シリーズ)○の下の―線マークが下に来るようにしてデバイスに近づけるとピッタリ貼り付いてくれます

MagSafe非対応機器の場合は、この円形マークの中にデバイスを置く形になります。

側面です。USB-Cのポートが一つ付いています。また残量インジケーターと電源ボタンがあります。

充電開始時は、電源ボタンを押してインジケーターの表示がされることを確認してからデバイスを置くと充電が開始されます。

反対側の側面です。バッテリー容量や充電の出力など、製品の仕様が印刷されています。

厚みも16mmしかないので、薄く感じます。重量も軽いですね。

モバイルバッテリーの充電はUSB-Cケーブルで行います。PowerCore Magnetic 5000自体はワイヤレス充電には対応していません

PowerCore Magnetic 5000自体の充電は最大11wで行われます。

iPhone 12 Pro Maxに取り付けた様子です。

とても薄く感じます。付けたままiPhoneを持っても不思議と違和感ないですね。

逆さまにしてももちろん落ちません。結構強めに振りましたが、落ちませんでした。

PowerCore Magnetic 5000をつかんで逆さまにしてみましたが、全く落ちそうな様子も見られませんでした。

強力なマグネットでしっかりと固定されています。

同梱品

同梱品は、まずは取扱説明書

そして、USB-C&USB-Cのケーブルです。ついに両端がUSB-Cのケーブルが同梱されるようになったのですね!

そして、今回はトラベルポーチは同梱されません!

スマホに付けっぱなしで使うことを想定しているのかも知れませんね。

Anker PowerCore Magnetic 5000のオススメポイント

PowerCore Magnetic 5000はMagSafe充電対応

PowerCore Magnetic 5000最大のオススメポイントはこれですね!

MagSafe充電に対応したことで、iPhone 12シリーズの裏面に貼り付けるだけで充電が出来る気軽さ。ケーブルがいらないことから荷物が減らせるのは大きいですね。

また、充電しながらのスマホ利用も、本体と一体になることからより快適に使えます。

実際に30分ほどiPhone 12 Pro MaxでYoutubeを見ながら使ってみましたが、10%程度iPhoneのバッテリーが充電されていたので、5w出力でもiPhone 12の消費電力と拮抗することなく充電スピードの方が上回っているようです。

外部補助バッテリー的な使い方もできますね

驚くほどの小ささと軽さ

サイズはほとんど名刺やクレジットカードと変わらないほどの驚くべき小ささです。

これってすごいですよね。

その分、バッテリー容量は5,000mAhではありますが、MagSafe充電で快適に使えちょっとした補助バッテリーと考えれば、このサイズにするためにあえてバッテリー容量を抑えたのも納得のサイズ感です。

実際、iPhone 12 Pro Maxに付けっぱなしで使ってみましたが、意外と快適に使えました。

使用時の発熱の少なさ

普段純正のMagSafe充電器を使っていますが、これは充電速度は速いのですが(最大15w充電対応です)、ちょっと持ってられないくらいに発熱します。下手したら火傷するかもってレベルです。

それに比べて、このPowerCore Magnetic 5000は、最大出力が5wに抑えられているのもあり、充電しながらiPhoneを利用していても発熱が少ないですね。ほんのり温かくなりますが、持っていられないこともありません。

出力が5wしかないのも、恐らく付けっぱなしで使用されることを想定してのことではないかと思いました。

USB-C対応

世の中のUSBケーブルは全てtypeCに切り替わる必要があると思っている私ですので、USB-C対応なのはオススメというか当然なのですが、やっぱり最高ですね。おかげで荷物が減ります!

PowerCore Magnetic 5000の残念ポイント

容量が5,000mAhはちょっと少ない

サイズを名刺サイズにおさえるためには仕方ないのかも知れないですが、昨今のスマートフォンのバッテリー大容量化を考えると、やっぱり5,000mAhは少ないかな~と思います。

技術革新でサイズそのままで容量倍増とかになればもう最高なんですけどね。

ワイヤレス充電の最大出力が5w

これも発熱を抑えるために仕方ないのかも知れないですが、5wはやはり充電速度が遅いですね。

発熱があってもいいので出力を切り替えられるようにしてもらえるといいのにな~と思いました。

外部補助バッテリーと割り切って使う分にはいいかも知れませんね。

MagSafe対応ケース以外では吸着固定が出来ない

MagSafeと言う規格の性質上、マグネットで吸着固定するためには、「MagSafe対応ケース」を使う必要があります。

MagSafe対応ケースには、ケース自体にマグネットが搭載されているため、iPhone本体とMagSafe充電器とが吸着するための磁力の補完をしてくれるのですが、対応ケース以外では磁力の補完がないため、吸着固定が出来ません

その点は注意が必要になりますね。

PowerCore Magnetic 5000のまとめ

最初はスペックだけ見て、「バッテリー容量5000mAhしかないし、出力も5wかよ~」と思っていましたが、意外や意外、実際に使ってみると非常に素晴らしい製品だと感じました。

残念な所ももちろんありますが、ワイヤレス充電器の、「充電中にずれてしまって充電出来ない」と言う不満を解消したモバイルバッテリーであり、更にiPhone 12シリーズに貼り付けたまま快適に使えるモバイルバッテリーとして、かなりオススメ出来る機種です。

というか、これがもっとも効果を発揮するのは「スマホに貼り付けたまま使う」という、スマホと一体化したかの様に使える追加バッテリー的な使い方かもしれません。

そういう意味で、これはMagSafe対応機器(現状iPhone 12シリーズ)ユーザー向けですね。MagSafe対応機器を使っていない方にはあまりオススメできないです。そういう方にはもっと出力もある他のモバイルバッテリーをオススメします。

ただ、サイズはとても小さいし、ケーブルいらずで充電出来ますので、「使わないかも知れないけれども、もしかしたらモバイルバッテリーが必要になるかもしれない」という時に持って行くと安心ですね。

普段の荷物にそっと忍ばせておくのもオススメです。

と言うわけで、早速大人気で売り切れているのも納得の製品でした!

マサポコ的評価:

Apple純正のMagSafe充電器についてのレビューはこちらをお読み下さい。

スポンサーリンク

ブログ村でランキングを見てみる!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
目次
閉じる