ガジェット関連は新しいサイトに移行しました 詳しくはこちら

Apple株式会社

Appleは、iPhoneを開発し、世界で最も成功したスマートフォン企業となったコンピューター企業です。

Apple_park

Appleが発表している自社の紹介

Appleは1984年にマッキントッシュを発表してパーソナルテクノロジーに革命をもたらしました。今日、アップルはiPhone、iPad、Mac、アップルウォッチ、アップルTVで世界をリードしています。Appleの5つのソフトウェアプラットフォーム(iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS)は、すべてのAppleデバイスでシームレスな体験を提供し、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudなどの画期的なサービスを人々に提供します。Appleの10万人以上の従業員は、地球上で最高の製品を作り、世界をより良いものにするために尽力しています。

Appleの歴史

Apple IからiMacへ

Appleは1976年にスティーブ・ジョブズ(Steve)、スティーブ・ウォズニアック(Woz)、そして(一時的に)ロナルド・ウェインによって業務提携として設立されました。アップルコンピュータ社です。翌年にはApple Computer, Inc.となりました。最初の製品は、ウォズが手作りしたパーソナルコンピュータ「Apple I」で、一部完成品のキットとして販売されました。その後、Apple II、Apple IIIと続きました。

現在のAppleは、1983年、グラフィカルユーザーインターフェースを搭載した最初のパーソナルコンピューター「Lisa」の発売から始まりました。スーパーボウルでリドリー・スコットのCMが流れたのをきっかけに、1984年にMacintoshが発売されました。Macintoshは、コンピュータとは何かという世界の認識を一変させ、やがてMicrosoftがGUI(Graphical User Interface)を採用するきっかけとなりました。

1985年、スティーブ・ジョブズとアップルCEO(当時)のジョン・スカリーは、スティーブがMacintoshに注力する一方、スカリーはまだ売れていたApple IIにもっと注目したいと考え、対立することになります。その結果、スティーブは会社を追われ、NeXTの設立に乗り出すことになりました。

Appleは、Macintoshをできるだけ高い利益率で売ることに注力しましたが、Windowsマシンとの競争の中で維持できない価格設定と、複雑すぎる製品ラインアップのために、結局は失敗することになりました。そして1997年、スティーブは、後にMac OS XのベースとなるNeXTオペレーティングシステムとともにAppleに復帰を果たします。

スティーブはMacのラインナップを簡素化し、工業デザイナーのジョニー・アイブに、コンシューマー向けデスクトップMacのまったく新しい外観、カラフルなiMacの開発を任せたのです。iMacは初代Macintoshと同様、コンピュータとは何か、コンピュータを必要とするのは誰かという認識を再び世界にもたらしました。

Apple Computer社からApple社へ

2001年、AppleはiPodを発売しました。これは最初のmp3プレーヤーではありませんでしたが、当時市場にあったどの製品よりもはるかに優れており、マニアックだった技術製品を大衆にアピールする家電製品に変えることに成功しました。

iPodの成功は、他のモバイル機器への道を開きました。アップルは、後にiPadとなる製品の開発に取り組んでいましたが、スティーブは、これがスマートフォンの基礎になることに気づきました。彼は、チームの仕事をこれに振り分け、2007年にiPhoneを発売しました。iPadはその後、2010年に発売されました。

iPhoneは、またしても変革をもたらす製品でした。当時のスマートフォンの多くは、キーボードとタッチペンを備えた不格好なデバイスでしたが、iPhoneは指で操作するスマートな外観で、ユーザーガイドも不要なほどシンプルなデバイスでした。iPhoneの発売を機に、Apple Computer, Inc.はApple, Inc.に社名を変更しました。

IntelからApple Siliconへ

現在、iPhoneやiPad、Apple WatchなどにはAppleが設計したプロセッサが使われていますが、Macのラインアップは歴史的にCPUをサードパーティ製に頼ってきました。長年にわたり、MacはMotorola 680000シリーズのチップからPowerPCを経て、Intelへと進化してきました。

2020年、アップルはその最終段階への移行を2年かけて開始し、MacもついにApple設計のチップを搭載することになりました。その第一弾が、最新のMac mini、MacBook Air、13インチMacBook Proに採用されているM1チップです。他のApple製シリコンMacもこれに続く予定です。

現在のApple

Appleは現在、世界最大の企業の一つです。2018年に上場企業として初めて評価額が1兆円を突破し、2020年には2兆円に到達し、2022年現在ではおよそ3兆円を超えています。

同社の製品ラインナップは、5種類のMacファミリー(MacBook Air、MacBook Pro、iMac、Mac Pro、Mac mini)、4種類のiPadシリーズ(iPad mini、iPad、iPad Air、iPad Pro)、4種類のiPhone 13モデル(13、13 mini、13 Pro、13 Pro Max)、Apple Watch主要3モデル(SE、Series 3、Series 7)、さらにApple TV、AirPods、HomePod miniといった製品があります。

ハードウェアの販売に加え、AppleはApp Store、iCloud、Apple Music、Apple Payなどのサービスから得る利益の割合も年々増加しています。

Apple関連の記事一覧